スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
健康食品の広告出稿と薬事法
仕事の関係で、

健康食品のネット広告と薬事法との関係について
調べてみました。

健康食品とは、
普通の食品よりも健康によいと称して売られている食品。
法令上明確な定義はない。
栄養成分を保管し、または特別の保険の用途に資するものとして
販売のように供する食品
バランスの取れた食生活が困難な場合においての2次的・補完的なもの

健康食品はあくまで「食品」であるので、
医薬品として認められているような効能効果は傍聴できません。
よって、食品に対して医薬品と判断されるような傍聴を
した場合、医薬品としての承認や許可を取得せずに
広告や販売をしたと判断され、薬事法違反となります。

薬事法には、いわゆるダイエット食品や健康食品の規定はない。
いや、正確に言えば、これらの食品について規制する単独の
法律はないのだ。とはいえ、ダイエット食品などが一般に
多く出回っているため、現在は「ふつうの食品よりも健康によいと
称して売られている食品」を健康食品とみなし、主に食品衛生法、
栄養改善法、薬事法により規制されている。

つまり、薬事法の場合、「薬事法に該当するものではない」
=体への効果は現状では認められない、という視点で規制される
ことになる。


と、あります。

つまり、
HPやブログでも

◆医薬品的な効能効果を標榜すること

○疾病の治療や予防を目的とする表現(糖尿病・高血圧・動脈硬化の人に、便秘が治る など)
○身体の組織機能の増強、増進を目的とする表現(疲労回復、体力増強、食欲増進 など)
○医薬品的な効能効果を暗示する表現(不老長寿、老化防止、漢方秘伝 など)

◆医薬品的な用法用量を標榜したもの

○1日2~3回食後に服用、○の時は1個、△の時は2個 など

例えば、
「お肌の老化を予防し、便秘にもいい○○C」
「1日3回、食後に服用下さい」
「必ず痩せる」
「○○kgやせる」
など、個人差があり、保証できない効能や、
は医薬品まがいな表現は、

薬事法に触れるため使用できない、ということです。

【参考】
薬事法研究室
http://www.e-expo.net/contents/low/index.html
スポンサーサイト
【2006/12/03 16:57】 | マーケティング | トラックバック(1) | コメント(1)
<<バズマーケティングとブログの炎上 | ホーム | 今日の昼食>>
コメント
マッコリを探すなら http://www.umaiumai.biz/510915/403311/
【2008/11/01 06:07】 URL | #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://marketplanner.blog76.fc2.com/tb.php/6-4b90f406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
食品衛生法食品衛生法(しょくひんえいせいほう;昭和22年法律第233号)は、飲食によって生ずる危害の発生を防止・排除するための法律である。食品の添加物・表示・検査などの原則を定める。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- 健康食品の栄養事典【2007/10/14 23:55】
Blog-インターネットマーケティング時評-


IT企業に勤務するあるマーケッターのインターネットマーケティング時評。ネットビジネス、ブログ、SNS、ネット広告の最新動向について語ります。

プロフィール

marketplanner

Author:marketplanner
某IT企業勤務、マーケッターです。
ネットの最先端を考えていたい。
そこでビジネスを展開したい。
起業を考える20代でもあります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。