スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ブログ動向の検索
ご存知の方も多いかと思いますが、

いくつかのブログ動向検索ツールのご紹介。

代表格
■キザシ
http://kizasi.jp/

■Buzz Tune
http://www.bztunes.jp/
内容をポジティブ・ネガティブで判断
新進気鋭

その他、ブログ収集のedit@
http://www.edita.jp/
これは、個人放送局という構想を持つ僕にとっても、
興味深いです。

まさに、CGMの編集局。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

【2006/12/21 02:32】 | マーケティング | トラックバック(1) | コメント(0)
SEOを超えたホームページ集客術
SEO を超えたホームページ集客術という
本を読んだ。

SEOを超えたホームページ集客術


SEO、SEMについての話がわかりやすい。
コレ一冊で十分、という印象。

SEM=
・PPC広告
・ディレクトリ登録
SEO

順番的にはディレクトリ登録⇒PPC広告 ⇒SEO
だが、特に、SEO対策が重要。

新規はほとんど検索エンジン経由(Yahoo,MSN,Google)だからだ。
ページ検索結果でも、1、2ページ目に出てくることが重要。

そのための、ビッグワード、スモールワードの選別についても
書いてある。

SEO
・ページ内対策(キーワードをタイトルに持ってくる、
 メタタグ埋め込み、キーワードの装飾、出現率)
・ページ外対策(ページランク高いHPにリンク張ってもらう、等)

弱小サイトはまずスモール・ワードでの上位を目指す。

当然といえば当然だが、この法則をどれかけの人が理解して実践しているだろうか。

テーマ:アクセスアップ - ジャンル:ビジネス

【2006/12/17 19:45】 | マーケティング | トラックバック(3) | コメント(1)
ブログランキングに登録しました
ランキング(マーケ部門)に登録しました。
TOP10を目指します。

清き一票を!!ポチっと押すだけね。
人気blogランキングへ
【2006/12/11 01:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
ブログマーケティングを読んだ
ブログマーケティング

ブログマーケティング


四家正紀+カレン著

を読んだ。

ブログマーケティングの活用状況と、
運営方法が一通り記述されているという様子。

特に強烈なインスピレーションはわかなかったが、
折に触れて見返してみるといい本かもしれない。

*男前豆腐店の話が印象的だった。
*NIKEのブカツブログなど、
 活用はアイデア次第なんだなぁ、、と。

テーマ:Webマーケティング - ジャンル:ビジネス

【2006/12/11 01:01】 | ブログマーケティング | トラックバック(0) | コメント(1)
霞ヶ関の空、渋谷の空
20061210173027
マクロとミクロ
同じ時代をいきる視座
【2006/12/10 17:30】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
エクセルシオール
カフェ虎ノ門店にてウェブの未来とビジネスプランについて考える。

一歩前進した休日。
【2006/12/10 15:57】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
大正ラガー
20061209232626
あの頃の夢をささえたビール だそうです。

すごいなぁ、ビール・・すごいなぁ、日本
【2006/12/09 23:26】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(1)
バズマーケティングとブログの炎上
少々遅い話題だが、

改めてクチコミマーケティングとブログ炎上事件について
考えてみる。

昨年11月、ソニーがウォークマンの感想を書かせたブログ炎上
昨月、NHKにて取材を受けた女子大生のブログの広告記事が問題となり炎上

「やらせ」に対する怒りと、怒りに無条件に増殖する(まさしくバイラルのように)ブロガーによる炎上

簡単に整理すれば、
炎上
 ①思想・イデオロギーの対決
 ②プロモーションなどのやらせに対する怒り
 ③誹謗中傷、暴言に対する怒り
に分類できる。①、③についてはライターの心がけ次第で
ある程度対応できても、②については昨今のクチコミマーケとの
兼ね合いもあり今後も微妙な攻防が続くだろう。

炎上させないためには、
・スタンスを明確にする
 企業からのプロモーション依頼である場合は、その旨明記する
・競合他社等の誹謗中傷をしない
・うそをつかない
・刺激的なコメントを書かない
ということだそうだが、

実際上記対応をしていた
リアルキャンパス・パークのブログも、NHK報道により、炎上した。

これについては、FPN
「一概にスポンサー付ブログを批判しないで、冷静に信頼感や倫理的な視点から考えましょう。 」と的確に指摘している。

そのとおり。
現在のブログマーケには過渡期的現象なのだろうか。

アメリカではSNS等を使用した
やらせクチコミ、ステルス・マーケティング(アンダーグラウンド・マーケティング)が問題になっている。
米国広告協会は、法律上の問題ではなく、倫理上の問題としている。

このことは、日本でもいずれ問題になる。


そもそも、のことを考えてみる。
TVや新聞、雑誌、バナー広告は問題にならない。
これは、見る人が広告とわかっているため

ブログプロモーションはわからないのか。
しかしブログの広告だけを書くブログを展開している人など、
わかる人にはわかる。今は開始期だからこんなことが
問題になるのか。

例えば、雑誌の記事内容に広告が入っていたら
広告と明示せずに入っていることがばれたら、
読者は怒るだろう。
区別された広告とことなり、
雑誌・新聞は中立性を保ち、広告を入れないことに
メディアとしての価値があるからだ。そこに存在意義がある。

しかし、ブログはというと・・・
一般ブロガーは微妙な立場。
CGMといわれ、個人の情報発信・ジャーナリズムを
可能にしたのが個人のブログ。
しかし、そのジャーナリズムは個人であるがゆえに、
商用化にもさらされるという脆弱な面を持つ。

ブログの中に広告を入れることは、
例えば個人運営の雑誌媒体が記事の中に
広告を入れることと一緒。

ばれなければ、そのまますむ問題なのかもしれない。
しかし、ブログ(雑誌)=公正なメディア
と信用している読者に知られたとき、メディアとしての
失墜は免れない。

だから、ありきたりの結論だが、
ブロガーにも倫理が必要。

個人ブロガーは広告を入れないという確固とした倫理を持つか、
広告は広告の旨、明記する。

雑誌の冒頭ページに広告が入っていることにあれこれ言う人は
いないのだから・・。ブログもメディアとしての過渡期か。
ガイドライン、暗黙のルールもできていくのかもしれない。

【参考記事】
http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=1817
http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0611/20/news022.html

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

【2006/12/03 21:13】 | ブログマーケティング | トラックバック(0) | コメント(1)
健康食品の広告出稿と薬事法
仕事の関係で、

健康食品のネット広告と薬事法との関係について
調べてみました。

健康食品とは、
普通の食品よりも健康によいと称して売られている食品。
法令上明確な定義はない。
栄養成分を保管し、または特別の保険の用途に資するものとして
販売のように供する食品
バランスの取れた食生活が困難な場合においての2次的・補完的なもの

健康食品はあくまで「食品」であるので、
医薬品として認められているような効能効果は傍聴できません。
よって、食品に対して医薬品と判断されるような傍聴を
した場合、医薬品としての承認や許可を取得せずに
広告や販売をしたと判断され、薬事法違反となります。

薬事法には、いわゆるダイエット食品や健康食品の規定はない。
いや、正確に言えば、これらの食品について規制する単独の
法律はないのだ。とはいえ、ダイエット食品などが一般に
多く出回っているため、現在は「ふつうの食品よりも健康によいと
称して売られている食品」を健康食品とみなし、主に食品衛生法、
栄養改善法、薬事法により規制されている。

つまり、薬事法の場合、「薬事法に該当するものではない」
=体への効果は現状では認められない、という視点で規制される
ことになる。


と、あります。

つまり、
HPやブログでも

◆医薬品的な効能効果を標榜すること

○疾病の治療や予防を目的とする表現(糖尿病・高血圧・動脈硬化の人に、便秘が治る など)
○身体の組織機能の増強、増進を目的とする表現(疲労回復、体力増強、食欲増進 など)
○医薬品的な効能効果を暗示する表現(不老長寿、老化防止、漢方秘伝 など)

◆医薬品的な用法用量を標榜したもの

○1日2~3回食後に服用、○の時は1個、△の時は2個 など

例えば、
「お肌の老化を予防し、便秘にもいい○○C」
「1日3回、食後に服用下さい」
「必ず痩せる」
「○○kgやせる」
など、個人差があり、保証できない効能や、
は医薬品まがいな表現は、

薬事法に触れるため使用できない、ということです。

【参考】
薬事法研究室
http://www.e-expo.net/contents/low/index.html
【2006/12/03 16:57】 | マーケティング | トラックバック(1) | コメント(1)
今日の昼食
20061203161240
女の子にフラれたあとは質素にラーメンです。

あーリッチになりたい。
【2006/12/03 16:12】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(1)
「ひとつのブログで会社が変わる」を読んだ
タイトルの本を読んだ。
マーケティグ担当として、ブログのクチコミマーケは気になるところ。
以下、備忘録。

「ひとつのブログで会社が変わる」

ひとつのブログで会社が変わる


◆上新電機スタッフブログについて
・店員さんが選んでくれたら、それ買うわって丸投げする
 お客さんもいる
・各商品ページに掲載されている商品詳細は、どこか冷たい
・そこで登場したのが「コンセルジュ」(ブログ
・商品情報を自分の言葉で自由に書ける
 しかも検索エンジンで製品名や型番でヒットして集客できる
 (SEO)

◆ビジネスブログとは
・社長ブログ
 ⇒企業トップの「生の声」=社内外の鼓舞、IR的要素
・社員ブログ
 ⇒新商品紹介からライフスタイルまで
・企業がブログに注目する理由
 ①顔が見え、声が聞こえる
 ②鮮度/臨場感
 ③参加型で「双方向のコミュニケーション」

◆企業でブログを活用する(準備編)
・ブログ開設の目的を決めよう
 ①販売(オンライン直販、売上アップ)
 ②プロモーション(自社製品やサービスへの理解を深めてもらう)
 ③既存顧客との関係強化
 ④その他(イベントの参加者集め、参加予定者の期待を高める、
  人材採用等)
・まずは、社内でブログ戦略会議メンバーを集める
 社内にこのようなメールを出す
 『関係各位
  「ブログ」という言葉を雑誌や新聞でも目にすることが
  多くなりました。
  企業がマーケティングに活用する事例も増えています。
  当社でも既にプレスリリースにブログを活用していますが、
  今後、各部署でのお客様向け情報発信などにも積極的に
  使っていこうと考えています。
   つきましては、まずは「どんな用途・目的でブログを
  活用したらおもしろいか」のアイデアだしを、興味をお持ちの
  方でやってみたいと思っております。
  現時点では特にアイデアがないという方も、是非気軽に
  参加してください。普段ブログを良く見ているという方、
  あるいはご自身でブログを活用している方は、
  特に歓迎です。』
 ⇒実はブログの立ち上げ・運営にまず必要なのは社内の啓蒙
・社内の協力体制を構築する
 企画会議にはWEBサイト運営、マーケティング担当、
 一般顧客や取引先など外部との接点のある部署、
 商品開発、マーチャンダイジングにかかわるスタッフなど
 多部署からスタッフを集める
 協力スタッフ(ブログ執筆・運営適任者)を早期に確保
・ブログ立ち上げに当たって決めておくべき事項
 ・ブログタイトル案
 ・ブログ概要
 ・ブログ運営の目的
 ・想定されるターゲット
 ・想定されるターゲットニーズ
  ⇒過去のアンケート、カスタマーセンターに寄せられた質問、
   サイトのアクセスログ
   (検索キーワード、アクセス数の多いページ等)
 ・構築(どのブログツールを活用するかなど)
  ⇒独立ブログ・・企業&本格運用したい個人
   ASP型ブログサービス・・一般の個人
 ・記事作成体制
 ・コメント、トラックバック対応について(公開/非公開、承認)
 ・既存WEBサイトとの相互誘引
 ・ブログへのアクセス誘致策
 ・コンテンツ計画(どのような記事を書いていくか)
 ・カテゴリ案、各カテゴリの説明
 ・具体的な記事ネタ案
 ・トラックバック企画など訪問者向け企画
 ・想定されるリスクやトラブルとその回避策
 ・ブログ効果測定方法
 ・類似する企業運営ブログや参考になるブログ
 ・構築&運営スケジュール
 ・コスト

◆コメント・トラックバックについて
・多様な意見・評価を受容できる懐の深さが必要
 (製品・サービスへのネガティブコメント、クレームも予想される)
・6:4、7:3で好意的なコメントが寄せられたら成功
・情報発信に重きを置くなら、コメントは受け付けなくてもいいが、
 極力受け付けるべき
・きちんと対応し行けば、どんなコメントも結果としていい方向に

◆トラフィックを集める
・ある程度ユーザーが付いた段階で、トラックバック企画を実施
 (テーマは「愛のメッセージ募集」等参加しやすいテーマを。)
・RSSリーダー対策として、続きが読みたい記事タイトル、
 書き出しにする

◆実際の運営に際して
・ブログのコメントに商品のお問い合わせが入った場合は、
 丁寧に対応し、お問い合わせフォームからお問い合わせしてもらう
・サイドバーに商品紹介の画像なども入れる

◆個人でブログを持つ意味
・ブログはネット上のもう一つの人格=名刺
 ⇒自分をPR
・ただの日記にせず、ビジネス考察を入れる
・気になったことを調べ、まとめてブログで公開

◆ビジネスブログ構築・運営に役立つリンク集
▼ブログ作成ツール
・Movable Type http://www.sixapart.jp/movabletype/
・ドリコムブログセット http://www.drecom.co.jp/service-oem.html
・Nucleus http://japan.nucleuscms.org/
・a-blog http://www.a-blog.jp/
▼独自ドメイン利用可能なASPブログサービス(ブログポータル)
・TypePad Japan http://www.sixapart.jp/typepad/
・Boxerblog http://portal.boxer.ne.jp/blog/
・Seesaa http://blog.seesaa.jp/
・livedoor Blog http://www.blog.livedoor.com/
・ドリコムブログセット http://blogset.drecom.co.jp/
▼ブログ構築支援企業
・イーナチュラル http://www.enatural.co.jp/
・エクストラコミュニケーションズ http://www.excom.co.jp/
・カレン http://www.current.co.jp/
・ライトアップ http://www.writeup.jp/
・ルートコミュニケーションズ http://www.rootcom.jp/
▼ビジネスブログ事例・情報
・AllAbout 儲かるWebプロデュース
  http://www.allabout.co.jp/career/webproduce/
・Blog on Business(シックス・アパート)
http://www.sixapart.jp/business/archives.html
・MovableTypeコンテスト http://mt.rsh.jp/
・ビジネスブログ(イーナチュラル運営)
http://www.businessblog.jp/
・ビジネスブログ(ライトアップ運営) http://bizblog.jp/
・ビジネスブログ実践会 http://bizblog.livedoor.biz/
・日経ビジネススタイル入門「ブログマーケティング
http://nikkeibp.jp/style/biz/marketing/blog/

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

【2006/12/03 11:13】 | マーケティング | トラックバック(1) | コメント(1)
北海道にいきました
20061203095107
先週末は旅行で北海道にいきました。

メロン、カニがうまい季節。スープカレーもうま~でした☆
【2006/12/03 09:51】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4)
ネットマーケティングの変化
最近、仕事がらインターネットのマーケティグについて

よく考えます。

・プレスブログ
ブログのカンズメ
・Blomotion


等、ブログによるクチコミマーケティングのサービスインは
今年になってからですが、ブロガーの商用化、バズマーケティング
来年くらいまでマーケティングの中心になっていくのかと。


①バナー広告

②リスティング広告

③アフィリエイト広告

ブログプロモーション



という形でインターネットマーケティングが展開されているかと思うのですが、皆さんはどう思いますか?

次のマーケティングには何がくると思いますか?

テーマ:Webマーケティング - ジャンル:ビジネス

【2006/12/03 09:20】 | マーケティング | トラックバック(0) | コメント(2)
ブログを始めます
今日からブログを始めます。

マーケティグの話題を中心に、

インターネットに関するいろいろな話題を書いていきたいと思います。

テーマ:クリエイティブシンキング - ジャンル:ビジネス

【2006/12/03 09:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
Blog-インターネットマーケティング時評-


IT企業に勤務するあるマーケッターのインターネットマーケティング時評。ネットビジネス、ブログ、SNS、ネット広告の最新動向について語ります。

プロフィール

marketplanner

Author:marketplanner
某IT企業勤務、マーケッターです。
ネットの最先端を考えていたい。
そこでビジネスを展開したい。
起業を考える20代でもあります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。