スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ブログ動向の検索
ご存知の方も多いかと思いますが、

いくつかのブログ動向検索ツールのご紹介。

代表格
■キザシ
http://kizasi.jp/

■Buzz Tune
http://www.bztunes.jp/
内容をポジティブ・ネガティブで判断
新進気鋭

その他、ブログ収集のedit@
http://www.edita.jp/
これは、個人放送局という構想を持つ僕にとっても、
興味深いです。

まさに、CGMの編集局。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

【2006/12/21 02:32】 | マーケティング | トラックバック(1) | コメント(0)
SEOを超えたホームページ集客術
SEO を超えたホームページ集客術という
本を読んだ。

SEOを超えたホームページ集客術


SEO、SEMについての話がわかりやすい。
コレ一冊で十分、という印象。

SEM=
・PPC広告
・ディレクトリ登録
SEO

順番的にはディレクトリ登録⇒PPC広告 ⇒SEO
だが、特に、SEO対策が重要。

新規はほとんど検索エンジン経由(Yahoo,MSN,Google)だからだ。
ページ検索結果でも、1、2ページ目に出てくることが重要。

そのための、ビッグワード、スモールワードの選別についても
書いてある。

SEO
・ページ内対策(キーワードをタイトルに持ってくる、
 メタタグ埋め込み、キーワードの装飾、出現率)
・ページ外対策(ページランク高いHPにリンク張ってもらう、等)

弱小サイトはまずスモール・ワードでの上位を目指す。

当然といえば当然だが、この法則をどれかけの人が理解して実践しているだろうか。

テーマ:アクセスアップ - ジャンル:ビジネス

【2006/12/17 19:45】 | マーケティング | トラックバック(3) | コメント(1)
健康食品の広告出稿と薬事法
仕事の関係で、

健康食品のネット広告と薬事法との関係について
調べてみました。

健康食品とは、
普通の食品よりも健康によいと称して売られている食品。
法令上明確な定義はない。
栄養成分を保管し、または特別の保険の用途に資するものとして
販売のように供する食品
バランスの取れた食生活が困難な場合においての2次的・補完的なもの

健康食品はあくまで「食品」であるので、
医薬品として認められているような効能効果は傍聴できません。
よって、食品に対して医薬品と判断されるような傍聴を
した場合、医薬品としての承認や許可を取得せずに
広告や販売をしたと判断され、薬事法違反となります。

薬事法には、いわゆるダイエット食品や健康食品の規定はない。
いや、正確に言えば、これらの食品について規制する単独の
法律はないのだ。とはいえ、ダイエット食品などが一般に
多く出回っているため、現在は「ふつうの食品よりも健康によいと
称して売られている食品」を健康食品とみなし、主に食品衛生法、
栄養改善法、薬事法により規制されている。

つまり、薬事法の場合、「薬事法に該当するものではない」
=体への効果は現状では認められない、という視点で規制される
ことになる。


と、あります。

つまり、
HPやブログでも

◆医薬品的な効能効果を標榜すること

○疾病の治療や予防を目的とする表現(糖尿病・高血圧・動脈硬化の人に、便秘が治る など)
○身体の組織機能の増強、増進を目的とする表現(疲労回復、体力増強、食欲増進 など)
○医薬品的な効能効果を暗示する表現(不老長寿、老化防止、漢方秘伝 など)

◆医薬品的な用法用量を標榜したもの

○1日2~3回食後に服用、○の時は1個、△の時は2個 など

例えば、
「お肌の老化を予防し、便秘にもいい○○C」
「1日3回、食後に服用下さい」
「必ず痩せる」
「○○kgやせる」
など、個人差があり、保証できない効能や、
は医薬品まがいな表現は、

薬事法に触れるため使用できない、ということです。

【参考】
薬事法研究室
http://www.e-expo.net/contents/low/index.html
【2006/12/03 16:57】 | マーケティング | トラックバック(1) | コメント(1)
「ひとつのブログで会社が変わる」を読んだ
タイトルの本を読んだ。
マーケティグ担当として、ブログのクチコミマーケは気になるところ。
以下、備忘録。

「ひとつのブログで会社が変わる」

ひとつのブログで会社が変わる


◆上新電機スタッフブログについて
・店員さんが選んでくれたら、それ買うわって丸投げする
 お客さんもいる
・各商品ページに掲載されている商品詳細は、どこか冷たい
・そこで登場したのが「コンセルジュ」(ブログ
・商品情報を自分の言葉で自由に書ける
 しかも検索エンジンで製品名や型番でヒットして集客できる
 (SEO)

◆ビジネスブログとは
・社長ブログ
 ⇒企業トップの「生の声」=社内外の鼓舞、IR的要素
・社員ブログ
 ⇒新商品紹介からライフスタイルまで
・企業がブログに注目する理由
 ①顔が見え、声が聞こえる
 ②鮮度/臨場感
 ③参加型で「双方向のコミュニケーション」

◆企業でブログを活用する(準備編)
・ブログ開設の目的を決めよう
 ①販売(オンライン直販、売上アップ)
 ②プロモーション(自社製品やサービスへの理解を深めてもらう)
 ③既存顧客との関係強化
 ④その他(イベントの参加者集め、参加予定者の期待を高める、
  人材採用等)
・まずは、社内でブログ戦略会議メンバーを集める
 社内にこのようなメールを出す
 『関係各位
  「ブログ」という言葉を雑誌や新聞でも目にすることが
  多くなりました。
  企業がマーケティングに活用する事例も増えています。
  当社でも既にプレスリリースにブログを活用していますが、
  今後、各部署でのお客様向け情報発信などにも積極的に
  使っていこうと考えています。
   つきましては、まずは「どんな用途・目的でブログを
  活用したらおもしろいか」のアイデアだしを、興味をお持ちの
  方でやってみたいと思っております。
  現時点では特にアイデアがないという方も、是非気軽に
  参加してください。普段ブログを良く見ているという方、
  あるいはご自身でブログを活用している方は、
  特に歓迎です。』
 ⇒実はブログの立ち上げ・運営にまず必要なのは社内の啓蒙
・社内の協力体制を構築する
 企画会議にはWEBサイト運営、マーケティング担当、
 一般顧客や取引先など外部との接点のある部署、
 商品開発、マーチャンダイジングにかかわるスタッフなど
 多部署からスタッフを集める
 協力スタッフ(ブログ執筆・運営適任者)を早期に確保
・ブログ立ち上げに当たって決めておくべき事項
 ・ブログタイトル案
 ・ブログ概要
 ・ブログ運営の目的
 ・想定されるターゲット
 ・想定されるターゲットニーズ
  ⇒過去のアンケート、カスタマーセンターに寄せられた質問、
   サイトのアクセスログ
   (検索キーワード、アクセス数の多いページ等)
 ・構築(どのブログツールを活用するかなど)
  ⇒独立ブログ・・企業&本格運用したい個人
   ASP型ブログサービス・・一般の個人
 ・記事作成体制
 ・コメント、トラックバック対応について(公開/非公開、承認)
 ・既存WEBサイトとの相互誘引
 ・ブログへのアクセス誘致策
 ・コンテンツ計画(どのような記事を書いていくか)
 ・カテゴリ案、各カテゴリの説明
 ・具体的な記事ネタ案
 ・トラックバック企画など訪問者向け企画
 ・想定されるリスクやトラブルとその回避策
 ・ブログ効果測定方法
 ・類似する企業運営ブログや参考になるブログ
 ・構築&運営スケジュール
 ・コスト

◆コメント・トラックバックについて
・多様な意見・評価を受容できる懐の深さが必要
 (製品・サービスへのネガティブコメント、クレームも予想される)
・6:4、7:3で好意的なコメントが寄せられたら成功
・情報発信に重きを置くなら、コメントは受け付けなくてもいいが、
 極力受け付けるべき
・きちんと対応し行けば、どんなコメントも結果としていい方向に

◆トラフィックを集める
・ある程度ユーザーが付いた段階で、トラックバック企画を実施
 (テーマは「愛のメッセージ募集」等参加しやすいテーマを。)
・RSSリーダー対策として、続きが読みたい記事タイトル、
 書き出しにする

◆実際の運営に際して
・ブログのコメントに商品のお問い合わせが入った場合は、
 丁寧に対応し、お問い合わせフォームからお問い合わせしてもらう
・サイドバーに商品紹介の画像なども入れる

◆個人でブログを持つ意味
・ブログはネット上のもう一つの人格=名刺
 ⇒自分をPR
・ただの日記にせず、ビジネス考察を入れる
・気になったことを調べ、まとめてブログで公開

◆ビジネスブログ構築・運営に役立つリンク集
▼ブログ作成ツール
・Movable Type http://www.sixapart.jp/movabletype/
・ドリコムブログセット http://www.drecom.co.jp/service-oem.html
・Nucleus http://japan.nucleuscms.org/
・a-blog http://www.a-blog.jp/
▼独自ドメイン利用可能なASPブログサービス(ブログポータル)
・TypePad Japan http://www.sixapart.jp/typepad/
・Boxerblog http://portal.boxer.ne.jp/blog/
・Seesaa http://blog.seesaa.jp/
・livedoor Blog http://www.blog.livedoor.com/
・ドリコムブログセット http://blogset.drecom.co.jp/
▼ブログ構築支援企業
・イーナチュラル http://www.enatural.co.jp/
・エクストラコミュニケーションズ http://www.excom.co.jp/
・カレン http://www.current.co.jp/
・ライトアップ http://www.writeup.jp/
・ルートコミュニケーションズ http://www.rootcom.jp/
▼ビジネスブログ事例・情報
・AllAbout 儲かるWebプロデュース
  http://www.allabout.co.jp/career/webproduce/
・Blog on Business(シックス・アパート)
http://www.sixapart.jp/business/archives.html
・MovableTypeコンテスト http://mt.rsh.jp/
・ビジネスブログ(イーナチュラル運営)
http://www.businessblog.jp/
・ビジネスブログ(ライトアップ運営) http://bizblog.jp/
・ビジネスブログ実践会 http://bizblog.livedoor.biz/
・日経ビジネススタイル入門「ブログマーケティング
http://nikkeibp.jp/style/biz/marketing/blog/

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

【2006/12/03 11:13】 | マーケティング | トラックバック(1) | コメント(1)
ネットマーケティングの変化
最近、仕事がらインターネットのマーケティグについて

よく考えます。

・プレスブログ
ブログのカンズメ
・Blomotion


等、ブログによるクチコミマーケティングのサービスインは
今年になってからですが、ブロガーの商用化、バズマーケティング
来年くらいまでマーケティングの中心になっていくのかと。


①バナー広告

②リスティング広告

③アフィリエイト広告

ブログプロモーション



という形でインターネットマーケティングが展開されているかと思うのですが、皆さんはどう思いますか?

次のマーケティングには何がくると思いますか?

テーマ:Webマーケティング - ジャンル:ビジネス

【2006/12/03 09:20】 | マーケティング | トラックバック(0) | コメント(2)
Blog-インターネットマーケティング時評-


IT企業に勤務するあるマーケッターのインターネットマーケティング時評。ネットビジネス、ブログ、SNS、ネット広告の最新動向について語ります。

プロフィール

marketplanner

Author:marketplanner
某IT企業勤務、マーケッターです。
ネットの最先端を考えていたい。
そこでビジネスを展開したい。
起業を考える20代でもあります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。